読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「30」

豊崎愛生3rdコンサートツアー「The key to Lovin'」のファイナル中野サンプラザ公演。そのダブルアンコールには、3rdアルバム「all time Lovin'」のリード曲でもある「クローバー」が選ばれた。
 

最初の一節を歌い終えた後、僕は本当に久しぶりに、愛生さんが涙で声を詰まらせて、歌えなくなってしまう姿をみた気がする。


次の瞬間には、反射的に自分の喉から声が出ていて、それは他の人たちも同じだった。


このツアーを締めくくる「クローバー」は会場全体の大合唱になる。
 

自分の声でこの曲を歌うのは、これが初めてのことだった。


頭の中で歌詞をたどりながら、ステージの上で歌っている愛生さんへ向けて、精一杯の声を発すると、すべての歌詞が自分の想いそのもののように跳ね返ってくる。


最後は泣いてるんだか歌ってるんだか、自分でもよく分からなくなっていた。

 

***

 

2016年10月28日、大好きな豊崎愛生さんが30歳の誕生日を迎えた。


思えばこの日は、かつて僕が夢みる色んなことの「タイムリミット」として設定していた時間でもあった。
 

夢の中で僕はライトノベル作家になっているはずだった。


色んな事がトントン拍子に上手くいって、デビュー作がそのままアニメ化し、その主演が愛生さんで、そこで僕は初めて、あの人に直接「ありがとう」を伝えることが出来る。


そんな時間を夢見る一区切りとして「ここまでには叶えていよう」と、かつての僕が漠然と思っていたのが、愛生さんが30歳になる節目の年だった。


今の僕はライトノベル作家ではない。何かを叶えられたかと聞かれたら、何も叶っていない。今もその夢を真っ直ぐに追い続けられているかと聞かれても、そう在れてはいないのかもしれない。


ただ、豊崎愛生さんが大好きだという感情だけは、ずっと持ったままでこの節目の年を迎えることが出来た。


だから、その夢見た「書くこと」も、諦めきれずにここまで来れたのだと思う。

 

これまで、僕が豊崎愛生さんについて書いてきた言葉というのは、壁打ちのようなものだった。今も半ば自分のために書いていることだったけど、同時にそれを誰かに見つけてほしいという感情も確かにあった。


それは、愛生さんのことを書くという行為が、僕にとっては自分のことを書くことに等しかったからなのだと思う。


僕にとって10月28日に書く日記というのは、その時の自分が愛生さんのことをどう思っているのかを知るために、改めて頭と心の想いを整理して、また新しく愛生さんのことが大好きな一年を歩き始めるためのもので、僕にとっては、もう一つの年明けのような感覚があった。


だからこの日記も8割ぐらいは自分のために書いているもので、この言葉が愛生さんに届いてほしいという訳ではない。でも、少しだけ誰かには見つけてほしいかもしれない。そんな面倒な感情と自己満足とで構成されている

 

だけど、これまでを振り返ると「書くこと」を通じて、たくさんの出会いがあって、繋ぎ止められた関係性があった。


それらは全て、あの日夢見た僕の時間から繋がっているものだ。


叶えられなかった悔しさは少しあるけど、その時間を後悔することは決してなかった。


あの時は、声優さんという職業をいつまで続けているのか、スフィアは、ソロの活動は。あの頃は、失なっていることも、続いていることも、等しく想像出来なかったからこそ「30」という数字を僕の中で、勝手に一つの区切りにしていた。


だけど、こうして今も、愛生さんは変わらず僕の心の一番大切な場所にいてくれて、今年発表された「all time Lovin'」というアルバムと「The key to Lovin'」というコンサートツアーは、きっとそれがこの先もずっとずっと変わらないことなのだと確信させてくれる宝物であり、旅であった。


もう豊崎愛生さんを好きなことが「当たり前」になりつつあるけど、誰かを好きでいることに当たり前なんて一つもない。


だから、僕の想像の果てより、さらに先まで大好きで居続けさせてくれていることが、何よりも幸せなことで、何よりも愛生さんに感謝しなくてはならない事実なのだと、改めて強く感じた。

 


***

 


あの日の「クローバー」は、そんなかつて見ていた夢が、今も変わらずそこにあると気付かせてくれたから、涙があふれて止まらなかったのだと思う。


だから僕はこの先も夢を見る。


往生際が悪いのかもしれない。諦められないだけなのかもしれない。自分の能力がまだまだ、まだまだ全然足りていないのは自覚していて、それを補うための時間も覚悟も足りていない。それでいて、仕事を投げ打ってまで身を投じる度胸もない。


だけど、やっぱり愛生さんが活動を続けているうちは、自己満足でも、あの人のことを想って何かを書いていたい。もし会えなくなっても、かつて自分が見ていた小さな夢をたくさん混ぜ込んで「書くこと」だけは辞めないでいたいと思う。


「ありがとう」を伝えられるれる日は、今も夢のままだけど、いつかちゃんと伝えられる日を夢見て、この先も歩いきたいです。いろいろ頑張ります。
 

豊崎愛生さん30歳のお誕生日心よりおめでとうございます!

二次創作行動予定(仮)

未分類
アイカツ!」で書いてはいて、これに関しては3000字くらいの進捗があるにはあるのだけど、サラッとお茶漬けのように出そうとしてた節があって、そうじゃないよな。それじゃあ俺が書く意味がないんだよと思い直したので、これに関してはもう少し固めてから出直す。前回の日記と関連付いているところでもある。

そういう文章があっちゃいけないわけではなくて、ただアイカツを書くなら、下手な小手先でごまかすんじゃなくて、熱量で全部貫き通すだけの衝動が必要。今の自分では燃料不足なので、愛生さんにお会いできる7月以降に書くと思う。 

「6月はガルパン」という言葉が残っている。

昨年末に一緒にWake Up Girls!の劇場版を観に行った時、普段あまり私にものを薦めないゼミの友人から「アニメシリーズを観てなくてもいいから観てほしいくらいかも」と言われたのが『劇場版ガールズ&パンツァー』という作品。

1月の徳島旅行の際に時間が空いたので初めて観て、この前久々にその友人と4DXを観に行ったのだけれど「めちゃくちゃはまってんじゃん」と指摘された。あまり自覚はなかったけど、なんか自然と大洗行っちゃったし、めっちゃテンション上がったし、めちゃくちゃはまっているのかもしれない……。

ただ、私はガルパンに関してはクソにわかである。

大洗行った際にも地元商店街でお茶を飲みながら 

「テレビシリーズのころは年がいったファンが多かったけど、劇場版やってからはにーちゃんみたいな若い子も増えたね」
「そいつらのこと、俺は東西の横綱って呼んでるんだけど、知ってる限りでは劇場版100回観に行ったってやつが二人いる」

というお話をうかがった。

まさに私はテレビシリーズ放映時はリアルタイムで観ておらず、劇場版鑑賞後に後追いでテレビシリーズを観直し、まだ半年しか経っていない、まさに「若い」人間である。でも、好きなものはもちろん大好きである。

私が「大好きだから」という理由で、けいおんとかアイカツで二次創作をやろうとすると、すぐ人生レベルの問題になりがちで、二次創作特有のいい意味で軽い部分というか、そういうものを一切出せなくなってしまう。さっきも言ったけど、それはそれで超大切なんだけど、今はどちらかというとスナック菓子のようなものを書きたい。

多分、二次創作のとっかかりとしてはガルパンとの距離感がちょうどいいのかもしれない。自分が他の多くのファンよりも無知であることを認めながら、同時に自分なりにきちんと好きだとも自覚できて、敬意をもって接することが出来る作品。

今は何を書こうかなと考えているけど、ガルパンの二次創作としては一迅社・DNAメディアコミックスから出ている、各校ごとのアンソロジーが非常に素晴らしい(大川ぶくぶ先生もいるぞ!)。


その中でも、すきま先生が書く漫画の雰囲気が私はとても好きで、それが強く参考になるような気はする。すきま先生は黒森峰はみほえりと王道だったが、プラウダ・聖グロリアーナのアンソロジーでアッサムとノンナ、アンツィオでアンチョビと杏、知波単で福田とローズヒップという、一見結びつかなさそうな組み合わせの二人で、非常に必然性の強い物語を描いてくるのだ。


■今考えている人たち

  1. ローズヒップオレンジペコ(聖グロリアーナ)
実は同学年。色んな面で正反対だけど、それぞれの意味で聖グロリアーナの「伝統」を引き継いでくれる存在として、ダージリン様に期待されているし可愛がられている。ダージリン様、アッサムさん引退後の二人?お嬢様になりたいローズヒップと、もっと奔放に駆け回りたいオレンジペコ

2.西住みほと逸見エリカ(黒森峰)
前はみんなが逸見逸見ハンバーグ師匠言ってるのをみて、ふふって思っていたのに、なんか最近一周回って、ひょっとすると私も逸見エリカのことが好きなんじゃないかと感じきました。黒森峰時代の話。一緒に甲子園を目指していて「私たちで黄金世代結成よ!」とか意気込んでて、この決勝で勝ったらそろそろ「みほ」って名前で呼んでみようかしらなどと思ってほくそえんでいたのに、決勝のことで転校が決まってしまたみほに、手を差し伸べることも助けることもできなかった逸見エリカ、ハンバーグ副隊長誕生の物語。

3. アンチョビ(アンツィオ
好きだから。特に物語はない。ドゥーチェは特定の誰かとの話いうより、みんなでワイワイやっているか、一人でみんなのためのことを考えている時が輝くと思う。弱さを垣間見せる話とか書けるといいのだけど、そこの技量が甘い。あとアンツィオ高校には笑っていてほしい。

4. アリサ(サンダース)
好きだから。特に物語はない。小物感に親近感と共感を覚える。

5. ノンナとカチューシャ(プラウダ
プラウダならここになるかな。ここもなんか出会いの話がよさそう。大洗行った時、ノンナとカチューシャのパネルを置いてあるのは近所の年季の入った小さな酒屋さんだったのだけれど、ノンナとカチューシャファンからの寄贈品コーナーみたいなところの熱量が群を抜いていた。気持ちはわかる。ノンナとカチューシャのパネルはもともと別々に置いてあったのに、わけあって一つのお店に置かれることになったという、離れられない運命感もとてもよい。

6. その他、聖グロリアーナ勢
好きだから。規則ではなくて、規律なのがカッコいい。規律と優雅さという、決して強制されていない部分にあこがれて聖グロリアーナの伝統が続いているとすれば、「道」としてはあるべき姿なのではないか。ローズヒップちゃんとか12人兄弟の大家族で、決して家も裕福ではないという背景があるなか、ダージリン、アッサム、オレンジペコを目標に優雅さを不器用なりに懸命に学ぼうとしているのがいい。憧れなんだろうな。

7. 知波単ズ
むずかしい。西隊長が天然たらしみたいなキャラなのはよい。

8.継続高校
なしではないけど、私は立場的にアキなので、ミカを転がすことが出来なさそうだとあきらめてる節がある。アキとオレンジペコとかいいかもね。上に難しい言葉でいろいろ例えたがる体調がいる者同士、シンプルな言葉でそれでも体調をほめあって仲良しみたいな絵はかわいい。


もうちょっと考えよう。