気休めの価値は

働くようになって最も変わったのは睡眠時間だろう。

中・高時代は夜更かししても授業中に寝ることで補えた(補ってはいけない)し

大学時代に至っては夜更かししたら自主休講(してはいけない)という手が使えた。

そんな私でも流石に新入社員1年目で仕事中に堂々と寝ることは出来ない。

コッソリと、うとうとするくらいの事は…………うん…………。

しかしいくら残業が長くても、自由時間が確保できないのは辛抱ならない。

アニメ・漫画を観る時間、読む時間の他に、何も考えずにだらだらとインターネッツに流れる情報を頭の中のザルにザザッと流す時間も必要だ。

結果して、やはり削られることになるのは睡眠時間になってしまう。

休日となる月・火は反動のようにめちゃくちゃ寝ることになるが、水~日は5~7時間。

これでも大丈夫だという人は世の中にたくさんいるけれど、私の場合は7時間がデットライン。5時間になると確実に一回は会社で意識を失うことになり、6時間でも集中を切らさずにいるのは難しい。

そのため最近は、出勤前にセブンイレブンで買う朝食のメニューに「モンスターエナジー」が常連化してしまっている。

あまりにルーチンワークの一部と化し過ぎて、もはや自分でその効き目を認識できなくなっているくらい。

けど「モンスターエナジー」を飲まないと、いつもより眠くなってしまう気がするのだ。気がする。

一本210円。決して安い金額ではない。

その他にも「キューピーコーワゴールドα」「天然ビール酵母」「ヤクルト」「やずやの香酢(家に常備されている)」なども常習的な摂取を止められなくなっている。

この「気休め」をやめれば、あと何冊の新しい漫画が買えるのかと思うと、この瓶が空になったら止めた方がいいなと思う。

そんな生活もあって、再来週の月曜日に控えている健康診断がやや怖い。

今のところ無遅刻無欠勤の皆勤なのだけれど、どこかに反動が圧し掛かっているのではないか。

そして体重が大学時代から4キロも増えてしまった。さっき検索して気づいたが、これは栄養ドリンクに含まれる糖質が原因なのではないか。

急にまとまった収入を得るようになり、時間が足りなくなった部分をお金で埋めようとするシーンが増えた気がする。

ケースバイケースで悪い事でもなかったりするのだけれど、大体欲しかったものも買い終えた今年からはきちんと貯金をしようと思う。

そう。40歳になっても独り身だったら仕事を辞めて徳島で猫と暮らすという夢へ向けて。

あとCDJで体力の衰えを痛感したので、ダイエット兼身体作りも習慣づけて行かねばならない。

全てまとめると「まっとうな人間になりたい」という事な気がしてきた。『モンスター』エナジーだけに(おもしろい)