2015年春アニメ予定リスト

整体のことを書こうと思いましたが、今日一日寝ていたせいで全く頭が回っていないので、昨日後輩たちと話してた来期アニメの話をそのまま日記にしようと思います。

クール替わりに次期のアニメの視聴スケジュールと展望、熱い想いを語り合う会を催し

競馬の予想印(本命:◎ 対抗:○ 単穴:▲ 穴:☆ 抑え:△)に準じて、それぞれ放映前から部員が期待するアニメを雑記帳に記し、来期アニメ新聞を作るという伝統が我が部にはあるのです(私が作った)。

ということで、整理の意味も込めて2015年春スタートのアニメの視聴予定をまとめようと思います。

パンチライン

ハロー!!きんいろモザイク

響け!ユーフォニアム

SHOW BY ROCK!!

俺物語!!

浦和の調ちゃん

■◎パンチライン

パンチラインを一番上に挙げたのは、私が「呼ばれている」と感じる事が出来る作品だったからです。

視聴前における自分の中の期待値を決定付けるのは、それまでの経験がほとんどすべて。

原作を元々好きだったり、製作会社、監督、脚本、演出などなどスタッフに感銘を受けた事があったり、その題材だったら無条件で観るようにしていたり、キャラクターがかわいいなと気に入ったり、ストーリーに興味を持ったり、演じているキャストや主題歌を歌うアーティストを追いかけていたり。

まだまだたくさんあるこれら過去の「よかった」から、これは良さそうだと思ったものを探して、視聴作品を決める事になるのだろうと思う。

そういう意味でパンチラインは、今の私に対する強い必然性を感じた作品だったのです。

主題歌が「しょこたん♥でんぱ組」

メインキャストにスフィアの戸松遥寿美菜子Trysail雨宮天

私の好きな人たちが、様々なところから一箇所に集まってきた作品と言うのには、それだけで強い必然性を感じます。

そして題材が「パンチラ」について。

おんなのこスカートの中身について、私は学生時代から深い探究心を持って生きてきました。

「スカートの闇は社会の闇」

「パンツは真理であり、触れてはならないパンドラの箱だ」

「スカートの中身は観測されるまで存在は確認できない。シュレティンガーのパンツだ」

と、数多くの話をしてきました。

「スカートの中身は宇宙」という触れ込みに共感し、パンチラ写真展に行ったのも記憶に新しいことです。

そんななか、この作品のキャッチコピーは

「パンツを見たら人類滅亡!?」

というもの。

パンチラといういわば個人と個人との問題を、人類レベルの問題にまで昇華し、メインテーマとして取り上げる。

これはパンチラに対する並々ならぬ情熱を感じます。

かつて「魔乳秘剣帖」という、おっぱいに情熱を捧げ過ぎた作品があり

この作品は、巨乳・豊乳が全てを支配し、貧乳は虐げられる世界に意を唱える主人公・魔乳千房(CV.寿美菜子)が、側仕えの楓(CV.豊崎愛生)と共に、理不尽な世の中を正す旅に出る。という、非常にぶっ飛んだお話をしていました。

しかし私は聖痕のクェイサーから見てきた、金子ひらく監督の「おっぱい」に対する並々ならぬ情熱に、感動さえ覚えていました。

そういう作品になるといいなと思いますが、匙加減は割とそれだとやりすぎになってしまう気がするので、そこは「ノイタミナ」という枠がいい塩梅にしてくれるんじゃないかなとも期待しています。

■○ハロー!!きんいろモザイク

2クール目ということもあって、これは大安定枠だと思っています。

まず間違いなく、現段階でも最後まで観る事が確定している一作。パンチラインよりも信頼度の面で言うとこちらのほうが高いです。

よく「女の子がきゃっきゃうふふしてればなんでもいいんかおのれは」と、姉にツッコミを受けるのですが、そんなことはありません。

いわゆる日常系と呼ばれる作品は「日常」を徹底していて欲しいし、その日常が今の形になっている必然性が欲しい。

女の子のかわいい仕草とか、萌え要素とかは個人的には「結果」でしかなく、その道程にこそ「日常」の魅力が込められているし、女の子たちの輝きが表れているのだと思います。

この思想に関して、いま私が最も全幅の信頼を寄せているといっても過言ではない一人が、当作品のシリーズ構成の綾奈ゆにこ先生なのです。

アイカツ!」や、「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」といった、いわゆる「アイドルもの」で脚本や構成を担当される事が最近は多く、そこで目にする事が増えていますが

これらアイドルものでも、あくまでキャラクターを等身大の1人の少女である根底をとても大切にお話を作ってくださるのです。

つまりアリス・カータレットちゃんにまた会えるのがとても嬉しい。嬉しいけど何もあげられるものが無いから歌を歌うよ!

■▲響け!ユーフォニアム

京都アニメーションという会社は、アニメ視聴における私のルーツのようなものです。

それでも信者と言えるほど会社そのものを愛しているわけではないのだなとは最近気づいてきて、お話のクオリティ自体は保証されている信頼は持ちながら、題材や作品によっては見ないという選択肢をとることも多くなってきました。

それでも「音楽モノ」をやるというのなら、もちろん観ないわけにはいかないでしょう。

京都アニメーションはキャラ萌えの達人みたいなところがあるので

これを最近の私は逆にあんまり観たくないというか、そんなにカワイイを振り回さなくてもと思ってしまう事が増えてきたのかなと思います。

というか年々「萌え」という言葉が実感として脳で分かりづらくなってきているし、昔の様に直感的にも感じ取れなくなってきているから、多分、歳をとるにつれて油モノがきつくなってくるのと同じような心理なんだと思います。

けいおん!」「たまこラブストーリー」は、キャラクターではなく「人」を描いていて、「たまこまーけっと」は商店街という共同体の生命を描いていた。山田尚子監督への尊敬と敬愛と、京都アニメーションへのそれを、長らくごっちゃにしていたけど、それは別のものだったなと最近は分けて考えるようになってきました。

ただ涼宮ハルヒの憂鬱にどっぷり嵌り、key作品シリーズで感動の坩堝に巻き込まれ、フルメタルパニックで笑い、そしてとてつもなくハラハラドキドキしたあの日々が消える訳ではなく、京都アニメーション自体も大好きです。

この作品は吹奏楽部が舞台と言うことで、爽やかな青春譚を予期させるところが、とても嬉しいところです。

そして副部長でユーフォニアムの田中あすかさんの声は寿美菜子さん。テナーサックスの斉藤葵さんが日笠陽子さん。

この二人は3年生で、みなちゃんとひよっちが京都アニメーションの音楽モノで、新人声優さんたちが多く演ずる下級生たちを引っ張る立場と言うのは、それだけで勝手に胸が熱くなるものがあります。

来期の戦前の評価は3強態勢で、上記三つに関しては恐らくすべて観ることになる気がします。

以下の3つも割愛しますが楽しみな作品ばかりなので、とても楽しみだと思います(KONAMI)