はらひろさん、お誕生日おめでとうございます

今、大好きな豊崎愛生さんのラジオを聴きながら、この日記を書いています。

本日12月17日は、はらひろさんのお誕生日です。

心よりおめでとうございます。

初めて直接お会いしたのは今年の春で、まだ1年経っていないんだなと思うと、とても不思議な感覚です。

出会った時間の全てが濃密で、どんなことを話したかはもちろん、1週間前に何を食べたかは思い出せなくても、はらひろさんと何を食べたかは、何を食べようとして、結果妥協して何になったかまで鮮明に思い出せるからです。

Twitter上では2013年ごろからの付き合いだったのですが、当時の私はエッチな本が家に一冊もない潔癖な少年で、そのくせはらひろさんのアイコンがComic LOの表紙であることには気づいていたため、なかなかフォロー返しさえしない態度の悪いクソガキと化していました。

しかし、私のアイカツに対するつぶやきをみていてくれているのは伝わってきていて、1期終盤へ向けては加速していく物語を共に見つめる一人になっていました。

でも私は基本的に超絶人見知りなので、多分それだけでは直接お会いすることはなかったと思います。

今年の誕生日に、はらひろさんは私に向けて日記を書いてくれました。

私なんぞの事を、あんなにも真剣に語ってくれることがただただ衝撃で、その行為も文章も本当に嬉しくて、そんな想いに応えたいなと思わせてくれたからこそ、本当に大切な友人に出会うことが出来たのだと思います。

実際に会ってみたら、いくら話しても話し足りないくらい、最初からただひたすらにお互いのことを話していました。

夏にお会いした時に、以前からオススメしてもらっていた『思い出のマーニー』を観た感想を、国立のコメダコーヒーでお話して、その第一声がお互い全く同じものになるということがありました。

私はその時「鏡写しなんだな」と感じたことを覚えています。

これまでの私のことをすべて見てきてくれているようで、話しているうちにこれから私がどうするべきなのか、何がしたいのかが見えてくる。話し疲れて帰るころには、毎回何か一つ、胸の中で確信めいたものが生まれていました。

今年は色んなことを始めて、色んなことを頑張ってみたら、私の周りが少しずつ動き出した1年だったように思います。

その一歩を踏み出す勇気を私に思い出させてくれたのは、お互い顔も名前も知らない中で、私にあれだけの言葉を直接伝えようとしてくれたはらひろさんだったと、今でも強く感じる次第です。

本当は話したい具体的なエピソードは山ほどあるのですが、それは私の思い出の中だけに大切にしまっておきます。

あと約2ヶ月くらい同い年なので、また近々お会いしましょう。