読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダンス ダンス ダンス

イベント

でんぱ組.incさんの「WWD 大冒険 TOUR 2015 ~Zeppでバンドと一緒にまだ盛上がることばかり~」Zeep Tokyo公演に行ってきました。

私がでんぱ組.incというアイドルの曲を聴き始め、ライブに行くようになったきっかけは、秋葉原ディアステージというお店に連れて行ってもらったことでした。

ディアステージは、1階がライブステージ、2階がテーブルのある食事スペース、3階がバーカウンターという構造になっているお店で、アイドルのお姉さんたちが1階でライブパフォーマンスを見せてくれたり、食事を給仕してくれるとても素敵なお店です。

そのお店のキャストの方々で組んだユニットに「STAR☆ANIS」というグループがあり、アイカツのキャラクターたちの歌唱パートを担当しています。

その皆さんにお会いするためにディアステージというお店に連れて行ってもらったのですが

私は女性、とりわけきれいなおねえさんとお話をする事が出来ない男なので

お話してみたいのに上手く話すこともできず、あああああああああ!となってしまい、それでも気を使って話しかけてもらったり、1階でキレイな歌声を間近で聴いたりして、とても楽しく、素敵な時間を過ごす事が出来ました。

だけど「もっとこのお店のことや、皆さんのことをよく知って、また来たいな」という、悔しさにも似た感情もあり

このディアステージから誕生したアイドルグループとして、最も有名だった「でんぱ組.inc」を聴き始めるに至ったのでした。

これが昨年の6月のことで、今日がでんぱ組.incの単独公演としては3回目の参戦。

ご存知の通り、私はスフィアとその4人の事が大好きです。

この日記で書くことでもないかもしれませんが、それは他のアイドルを好きになるに当たって、めんどくさい私にとっては避けられない問題でもあります。

一番が変わるわけではないのは知っているし、それを肯定しながらライブに行き続けるのは失礼だよなとも思いながら。

それでも初めて行った時の「すごい楽しかった」という熱と「これから先の輝きを見てみたい」という想いを信じて、私がお休みの火曜日によくライブをやってくれることもあり、この僅かな期間で彼女たちのステージを自分の観れる限り、観てきました。

ライブハウスでのオールスタンディング、コールの違い、文化として根付き、振り付けにも採用されているオタ芸やmix、向上など

初めての体験や、今まで見てきた価値観との違いがたくさんあって、私は「アイドルの事なにもしらなかったんだな……」と言うことを、強く思い知らされながら、純粋に一つ一つが新しい発見で、勉強になり、大好きな曲に心から飛び跳ね、叫べるようになっていく過程の楽しさに、スフィアを好きになった頃の気持ちを思い出されたりもしていました。

それでも変わらない部分と言うのは確かにあって

2月に発売されたNewアルバムに収録されていた「ダンダンダンス」という曲が私は大好きでした。

急行電車に揺られながら

過ぎ去る景色を見つめてたよ

あと何駅で君のもとまで

たどり着くか数えた

普段着ないような服だって

今日なら恥ずかしくなんてない

君と繋がってるしるしを

大切にしたいんだ

重たい扉が開いて 響くよキラーチューン

表情を変えた世界は 宝石みたいにキラめきだす

君と ダンス・ダンス・ダンス ダンス・ダンス・ダンス

リズムに身体をまかせて

ずっと ダンス・ダンス・ダンス ダンス・ダンス・ダンス

朝が来なくたって構わない

星を フロアに落とせ ミラーボール

闇に 僕を照らせ スポットライト

こころ 真っ直ぐに伝え レーザービーム

もっと もっと 君と 笑っていたいよ

これはでんぱ組.incの曲だけれど、私はスフィアに会いに行くときの想いにも重ねてしまった。

そして「大好きなステージ」を観に行く、どんな気持ちにも重なる気持ちなのだと感じた。

会場の扉を明けて目の前に現れるステージと、いつも生きている世界とは違う空気が流れる瞬間。

ライブTシャツに着替えたり、トイレに行ったり、髪型を整えたりして準備をする時間。

開場時間から開演時間まで、待ちきれずに一緒に来た友達と色々な話を興奮気味にする時間。

開演時間を過ぎて「いつ始まるんだろう!!!いつ始まるんだろう!!!」と、期待を胸に待ちきれない思いと緊張感。

そして暗転し、ステージが幕をあける瞬間。

この一瞬一瞬が、ライブそのものと同じくらいに愛しく、大切に思っている時間だったりする。

今日の2曲目でこの「ダンダンダンス」を歌う前のMCで

「みんな、準備体操したくない?」

と言って、ライブパフォーマンスが始まった。

そしてこの楽曲の振り付けも屈伸や股割など、ストレッチをしながら歌う。

そうか。準備体操だったのだなと思った。

これから始まる最高の時間を、目一杯全力で楽しむための、心と身体の準備体操。

明日からの仕事の事とか、この瞬間は全て忘れて、音楽に身を委ねていいんだ。

この曲でまた一つでんぱ組.incさんの事が大好きになり、そして心の重しがひとつとれた気がして、今日のライブは今までの中でも一番に近いくらい楽しむ事が出来ました。

2番以降は「ライブに行った後」が描かれていて、これも非常にいい歌詞で、そして最高にとてもテンションがあがるダンスナンバーなので、皆さん是非アルバムで聴きましょう。


WWDD 初回限定盤(CD+DVD)WWDD 初回限定盤(CD+DVD)
(2015/02/18)
でんぱ組.inc

商品詳細を見る